結婚披露宴の流れ

「結婚披露宴」は新郎新婦の結婚をお世話になった人々に報告するためのものです。
来ていただいた皆様に喜んでもらえる結婚披露宴にしたいですね。

披露宴はお客様をお迎えする迎賓から始まります。
新郎新婦がお迎えする場合と係員に誘導してもらう場合とがありますが、「来てくれてありがとう」の感謝の気持ちでお迎えしましょう。
くつろいでもらえるようにドリンクサービスをしたり、サンキューカードやウェルカムボードで感謝の気持ちを伝えたりするのも素敵ですね。

お客様が席についたら、新郎新婦の入場です。
とても印象的な場面なので、お2人の好きな曲でアレンジをしたり、花びらやクラッカー、スモークなどの演出を考えてみたりと、自分好みのアレンジを楽しんでみてはいかがでしょう。
入場後にはウェルカムスピーチを行います。
これは来てくださった皆様への感謝の気持ちを直接言葉で伝えられる場です。
自分の言葉で、気持ちをこめた挨拶をすることが大事です。

次に新郎新婦の紹介。
新郎新婦がどんな人であるかを皆様にお伝えします。
プロフィールを紹介したり、スライドやVTRを流したり、楽しんでもらえるものにしたいですね。

そして主賓挨拶に続きます。
新郎新婦がお世話になった方から一言を頂きます。
それぞれの恩師、上司などが一般的ですが、友人にお願いする場合もあります。

その後は、歓談の時間を長くとるアットホームな披露宴もありますが、オーソドックスな披露宴ではゲストに楽しんでもらえるように様々な催しを行います。
ケーキ入刀・ファーストバイトや鏡開き、お色直し後の再入場をする際にキャンドルサービスをしたり、ブーケトスやブーケプルズを盛り込んだり、オリジナルの余興を考えてもよいかもしれません。

余興・歓談のあとは、新郎新婦から両親への手紙、両親へ記念品の贈呈、謝辞と続きます。
謝辞では皆様に改めて感謝の気持ちをお伝えし、今後の抱負を述べて披露宴を締めくくります。

そしてお開きになった後は、会場の外で送賓をします。
新郎新婦のために来てくださった皆様を感謝の心をこめて笑顔でお見送りしましょう。