結婚披露宴の席次表の作り方は?

席次表は誰がどこに座っているかが一目でわかるようにつくられるものです。
親族同士が挨拶をするときなどに役立ちます。

席次表をつくるにはまず席順を決める必要があります。
席次の基本的な決まり事としては、新郎新婦にもっとも近い席=上座を主賓にすること、両親や親族を新郎新婦からもっとも遠い席=下座にすることが挙げられます。
通常は上座から主賓、上司・恩師・先輩、友人、親族、両親の順にセッティングします。

また席順を決めるにはゲストへの心配りが大切です。
ご夫婦やお子様連れは隣り合った席にし、場が盛り上がるように仲の良い人同士を近い席にするのはもちろんのこと、赤ちゃん連れの方のためにベッドを用意したり、
妊娠中の方や途中で出入りすることが事前に分かっている方を遠慮なく退席できるよう出入り口の近くにするなどの気配りが、おもてなしの心を感じさせます。

席順が決まったらいよいよ席次表を作ります。
席次表は親族などゲスト同士が挨拶にまわる際に使われるものなので、挨拶に役立つ情報を載せねばなりません。
まず、誰がどの席に座っているかの配置、ゲストのお名前は必須になります。

それに加えて、挨拶の際に助かるゲストの肩書きや新郎新婦との間柄を記載するのもよいでしょう。
この際誤字脱字は禁物です。
最終確認はしっかりと行いましょう。
また新郎新婦の家族は身内ですので『様』はつけないように気をつけましょう。

さらにもっと親しみやすくするためにゲストの趣味を載せたり、ゲストと新郎新婦との思い出を一筆入れても味わい深く、話しかけやすくなります。
似顔絵や顔写真を入れるのもよいかもしれません。
そのほかのアレンジとして、新郎新婦のプロフィールや披露宴のお食事メニューと合わせた席次表にすることもできます。

また席次表はゲストに持って帰って頂けますので、綺麗な紙で飾りにしても可愛らしいものにしたり、フェルト地の台紙でたたむとコースターになるものにしたり、
ゲストが喜んで持って帰ってくれるようなオリジナルデザインを考えるのも楽しいですね。
こちらの結婚披露宴の挨拶も参考にご覧になってください。