結婚披露宴余興のアイディア・ネタ

結婚披露宴を盛り上げる余興。
実に様々なものが思い浮かびます。
余興はゲストを楽しませるものですが、久しぶりに顔を合わせる親族、会社の上司から学生時代の友人まで、みんなを楽しませるものを考えなくてはいけません。

結婚披露宴の余興の内容を考える前に、余興をする際の注意点を頭に入れておきましょう。
まず時間は長すぎず、事前にしっかり打ち合わせをしてリハーサルを行いましょう。
結婚披露宴の中で余興がもっとも時間管理が難しく、予想外に時間をとってしまうことになりがちです。
長くなりすぎてゲストが飽きてしまうことを避けるためにも、時間の管理はしっかりしておきましょう。

結婚披露宴には様々な年代の方がいらっしゃいます。
仲間内だけで盛り上がるようなネタは避けるべきでしょう。
ゲストの層を意識しない余興で場が盛り下がってしまうことは、一番避けたい状況です。
招待されたゲストが喜ぶものを考えるように意識しましょう。

では余興の内容を考えていきましょう。
結婚披露宴の余興はとても幅が広いので、各々のカテゴリーで注意点を挙げていきます。
スピーチを頼む場合は、考える時間がいるためできるだけ早くお願いすること、友人を選ぶ際に特別扱いと思われないようフォローすること、
お願いする相手が緊張しすぎないよう「どうぞお気軽に」と一言添えておくことを忘れないようにしましょう。

またサプライズスピーチなども面白いですが、この場合はとっさに話を振られて慌てたとしても、
きわどい暴露や場にそぐわない発言をしないと思える人をターゲットに選んでおくことが大切です。

次に歌の余興。
この場合は、新郎新婦との思い出エピソードのある歌を選び、その話を少し紹介してから歌うととても感動を呼びます。
あまり暗い歌や悲しい歌は場にそぐわないのですが、とても良いエピソードのある歌でしたら、選んでも問題はないでしょう。

ダンスや楽器の演奏の場合、スペースや防音の問題があるので事前に式場の方との打ち合わせが必要です。
また、クイズなどの参加型の余興も盛り上がりますが、一部だけがはしゃぎすぎて温度差ができないよう内容は熟慮しましょう。
服装http://mycolor.mods.jp/1.htmlも変に目立ちすぎないものを選ぶようにしましょう。
また、こちらのサイトでは婚約指輪のデザインの選び方について詳しく解説をしています。ぜひ、指輪選びの参考になさってみてください。