両親への手紙の内容は?

結婚披露宴で最後の締めくくりとして、新郎新婦から両親への手紙を読み上げます。
普段心の中に思っていてもなかなか口に出せない感謝の気持ち、この機会に手紙に綴り両親へ伝えましょう。

披露宴では恥ずかしい、内輪の話だからと披露宴の場で行わないこともあります。
しかしせっかくの、なかなかない機会ですから、披露宴で読み上げなくとも、ぜひご両親へ日頃の感謝の気持ちを伝える手紙をお渡しできたらいいですね。
手紙の形をつくらずその時の気持ちを素直に口に出したい、という方もいらっしゃいますが、披露宴のクライマックスのシーンで感極まって言葉にならなかったり、頭が真っ白になってしまったりとなりがちです。
事前に何を話すかしっかり文章にまとめておきましょう。

また、両親への手紙は感動的な場面ですが、家族以外の人たちは少し冷静な目で見ているものです。
あまり長くなってしまうと、ゲストが飽きてしまったり、しらけてしまう恐れがありますので、その点でもしっかりと文章に起こして時間管理をする必要があるのです。

さて肝心の内容ですが、まとまりやすい文章構成としては、まず感謝の気持ちを述べて、次に心に残っている思い出を話し、今後の抱負を伝えて、もう一度感謝の言葉で締める書き方がまとまりやすいと思います。
最後の締めを今後も家族であるのでこれからもよろしくという内容にしてもよいでしょう。

両親への手紙を書く際に大事になってくるのは、両親との思い出です。
思い出を選ぶ際にゲストも共感できるエピソードや、ご両親との絆を深く感じられるものを選ばれると、とても感動を呼ぶ文章になるでしょう。
たくさんあって選ぶのがとても難しいでしょうから、文章にされる前に、まず思い出を箇条書きにしてみてはいかがでしょう。
アルバムや日記を開いてみても、忘れていた思い出を掘り起こすのに役立ちますよ。

ご両親にとっては子供からの手紙、言葉は一生の宝物です。
新郎新婦が自分の気持ちを素直にストレートに、自分の言葉で表現するのが一番大切です。

こちらのサイトでは、ウェディングドレスとウェディングケーキについて解説されています。