ドラジェとプチギフト

結婚披露宴でゲストに配られるドラジェとプチギフト。
使われるシーンの定番は、ゲストをお見送りする時。
一人ひとりにお渡しできるドラジェとプチギフトはお礼の言葉とともにお渡しできて、感謝の気持ちを伝えるのにもってこいです。
最近ではキャンドルサービスの代わりにドラジェを配るドラジェサービスを行ったり、デザートビュッフェの代わりにドラジェビュッフェにしたりと披露宴にかかせないものです。

ドラジェの歴史は古く、古代エジプトの頃神々への捧げものであった時代からヨーロッパではお祝いに欠かせないアイテムです。
アーモンドを蜂蜜や砂糖、チョコレートでコーティングしたお菓子・ドラジェが結婚披露宴で用いられるようになったのは、
アーモンドが繁栄・多産のシンボルであるから、ドラジェが幸せを呼ぶ・子宝に恵まれるという言い伝えがあるから、陶器のような見た目がお祝いのお菓子にピッタリだから、
とたくさんの理由があり、どれをとっても結婚披露宴にふさわしいお菓子といえるでしょう。

またドラジェではなくプチギフトをゲストに配る場合があります。プチギフトに選ばれるものでは、入浴剤やお菓子が多くみられます。
消費できるものは後々かさばらないし、残るものでないのでいろいろな層の人が集まる結婚披露宴でも多くの人に喜んでもらえるからです。
パッケージも可愛らしく、名前や挙式日などを入れてオンリーワンの贈り物にもしやすいです。

次にギフトに多いのがスプーン。
スプーンは幸せをすくいとると言われ、結婚披露宴のギフトにピッタリのため、選ばれる方が多くみられます。
スプーンにドラジェを一粒添えるのも粋な演出です。

言い伝えを知らない方でも喜んでもらえるよう工夫をするとさらに喜ばれるでしょう。
老若男女で色やパッケージを変えてみたり、お子様用に違うギフトを用意したりするのも、おもてなしの気持ちが感じられてとても好評です。

たくさんの種類から選べるドラジェとプチギフト、会場の雰囲気に合わせて楽しんで選んでみてください。

こちらのサイトの、マナーと記念品についてのページも参考になりますのでご覧ください。